不倫サイトを楽しむ前に心得ておくこと

不倫候補に出会う前にはフィーリングを確認しておこう!

不倫を目的とした出会いを探しているならば不倫セックス相手募集サイトがベスト

普通の男女関係ならば一般的な不倫サイトという選択肢もあります。ですがその場合はリスクが考えられます。相手の目的が不倫とは限らないのです。不倫は基本的にSEXをすることですから、簡単に言えばセフレ(SEXフレンド)を探すことです。あなたがエッチ目的の相手を探す場合は総合的な不倫サイトよりもより専門的な不倫セックス相手募集サイトやセフレ募集サイトに絞るといいでしょう。

不倫関係ですから二人ともの秘密は厳守です

だから一般常識を持っている常識人でないといけません。おバカキャラの相手は絶対に選ぶべきではないでしょう。片方が結婚をしていて不倫関係の場合、独身のほうはそれほど秘密厳守を重要視していない傾向にあります。ちょっとしたきっかけで不倫がバレることがあります。不倫をするならば両方が結婚しているほうが上手くゆきます。お互いに家庭を大事にしたいけれども、性欲を解消したいのです。女性は愛情を求めることもありますが男性は性行為を楽しむ友達関係という捉え方をしています。

出会う前にはフィーリングを確認しておこう!

セックスの相性については実際に行為を行わないとわかりまえん。ですが性格的な精神面のフィーリングはやりとりの中でわかるでしょう。フィーリングが合わないのに不倫関係になってもトラブルになりやすいです。

不倫関係が発覚すれば家庭崩壊になる

ひと昔の日本では男性の方が女性よりも立場が強い時代もありました

今では考えられないことですが男性が外で浮気するのが「おとこ気がある」と評価されることもありました。昔ならば身分が高くなれば、外で囲える女性も多くなったのです。だから、そんな風潮になったのかもしれません。

今の時代では浮気すれば阻害されます!

相手が既婚者で不倫関係となれば非常事態になってしまうのです。不倫関係や浮気を繰り返し、自宅に帰らない状態のなったらどうでしょうか?
奥さまは鬼の形相になって実家に戻ってしまいます。別居や離婚の文字が浮かび上がってきます。

不倫関係が発覚すれば家庭崩壊になる

男性の中には奥さまからの条件提示を飲んで元サヤに収まることもあります。不倫相手と別れて家にもどるのです。いろいろな条件がありますが、仕事の関係で政略結婚の場合です。家名を傷つけることができないのです。婿養子の場合もあるしローンが貯まっている場合もあるでしょう。現実的に逃げることができない問題があれば離婚することもできないのです。

不倫した張本人が奥さまの場合

女性の不倫行為は不貞と見なされます。男性の場合より世間の目は冷たいです。仲直りしたように見えても諍いが絶えない夫婦関係になるかもしれません。大人しくするしかないのです。

不倫関係にある本人たちは悪いことをしている認識は薄い

不倫は良いことなのか悪いことなのか?

これは不倫関係にある男女が本人の常識の尺度で判断するところになります。結婚していて不倫された人はどう思うでしょうか?たとえば(1)結婚相手のパートナーが不倫相手に寝取られた(2)泥棒に入られた(3)裁判に訴えようという風に考えます。大部分の人たちは不倫関係にある男女に温かい眼差しを向けたりはしません。不倫関係にある男女は「悪人」という烙印(らくいん)を押されます。

人間は気持ちを整理するのに時間がかかる!

そこには感情も入ってきます。余計に時間がかかってしまいます。ある程度、成熟した人物ならば不倫は良くないことと認識しています。不倫をすることによって傷ついてしまう人がいることが分かっているからです。

不倫関係にある本人たちは悪いことをしている認識は薄い

自分の気持ちに正直になっていると勝手な理屈をつけて悪いことをしているとは思っていません。不倫は現実逃避でしかありません。中には不倫関係の一方は遊びのこともあります。そしてもう一方は本気なのです。こういったときには大きなトラブル・不幸な事件になることもあります。不倫をすることは犯罪者になることと覚悟しましょう。

不倫関係を結ぶにしても誰でも良いことはない

不倫関係を結ぶにしても誰でも良いことはないです

お金が絡んできたり、近しい関係の人物や配偶者の兄弟姉妹や社内不倫です。こういった相手についてはトラブルのもとです。上手く行っている場合はいいでしょうが、いったんすれ違いが起こると厄介です。

金銭トラブルがある相手の場合

最悪は裁判沙汰になるでしょう。これでは不倫関係が崩壊するだけではすみません。家庭崩壊に繋がる最悪のシナリオも想定できるでしょう。

不倫相手と会う場所も注意です。

人間関係が近い人物と不倫する場合です。会いやすい関係であるからこし、知り合いに見られるリスクがあります。絶対にバレないためには自宅で会う事はさけましょう。

配偶者が全く知らない人物を不倫相手にしよう

ドラマのテーマにもなりそうですが配偶者の兄弟姉妹と不倫関係になることです。また配偶者の友達です。こんなドロドロとした不倫関係がバレた場合は厄介です。二人の不倫関係や夫婦関係だけではすみません。家族や親戚関係にもヒビが入るでしょう。リスクが高すぎる不倫はするべきではありません。

社内不倫・オフィスラブです

仕事で接することが多いのです。同じ職場の人たちにバレてしまうこともあるしょう。とりわけ女性社員のおしゃべりは要注意。情報網には注意しましょう。噂は広まりやすいです。出世にも響きますよ。

奥さまと不倫相手を同じように愛せるのか?

とても裕福でお金の心配がなく贅沢三昧ならば不倫も許される?

ご主人が不倫しているとしても、そんなリッチな生活をしているならば、「不倫も仕事のうち」と割りきれるのかもしれません。しかし、そんなに裕福な家庭はそれほど多くはありません。

ご主人が不倫すれば奥さまが烈火の如く怒るのが普通です

「他の女にお金を使うならば、温泉にでも連れていってよ」
「子どものためにお金は使ってほしい」
いろいろな要望は奥さまの方としてもあるのです。そう考えれば、奥さまの不満を事前に解決しておけばいいのです。ご主人の不倫を見逃してくれる可能性もあります。

奥さまのごきげんを一番に考えて不倫をする秘策

これはお金がないとできません。では、お金を使わずにできることはあるのでしょうか?そうなると不倫相手の女の子が怒りはじめるでしょう。
「奥さんには贅沢をさせて私にはプレゼントもないの?」という感じです。

奥さまと不倫相手を同じように愛せるのか?

不倫関係を維持するならば、そこまで徹底しなければならないのでしょう。一方に愛情が偏る場合は、そちらの女性と一緒になればいいのです。問題は奥さまも愛しているが、不倫相手も愛していることです。

離婚を切り出しても奥さまが了承しないこともある

これはまた辛いです。結婚している限りは、配偶者としての役割を果たさなければなりません。周囲の目が自分勝手な行動は許しません。不倫相手からも文句もでてきます。

既婚者の女性と不倫セックス関係にあるのはベストですがバレたら一大事!

周囲の家族だけでなく友達も傷つけてしまったりします。二人だけの問題ではなくなります。相手によっては慰謝料の請求をされることもあります。充分に注意をしてください。

最近は珍しくなくなってきた人妻の不倫関係

インターネットでそういったサイトもできてきたので不倫相手を見つけやすいインフラが整備されてきたこともあります。また、セックスに関しても開放的になってきた風潮もあります。

人妻が不倫する理由

ご主人に対して男性的なセックスアピールを感じなくなった時でしょう。ご主人が不倫をしたから腹いせに自分のやってやれ!みたいなこともあります。そして、セックスレスになったときです。

男性よりも女性のほうが性欲が強いこともある!

男性のほうは仕事でヘトヘトになって帰宅します。とても性行為などしたくないのです。女性は違います。逆にセックスをすることで癒しや仕事の疲れを解消したいのです。こういった性欲のバランスが崩れてしまうとヤバイです。ご夫婦の仲は見ている間にぎくしゃくしてしまいます。両方都も性欲がなければベストですね。

不倫相手としては最適な人妻

ワリキリの関係でいられることが好まれる傾向の1番です。結婚をしていますから、結婚を迫られることも少ないです。逆に独身の女の子の場合は最初は身体の関係でスタートしたとしましょう。時間が経過すると気持ちに変化がでてきます。結婚を迫られることも考えられます。

矛盾したウソをつくと不倫関係がバレる!

不倫関係の張本人はまったく意識していなくてもバレるから怖いのです。周囲の人は敏感にそれを察知します。不倫がバレるのがヤバイと思って証拠隠滅に奔走します。その行動が怪しいのです。あなたの行動が普段と違っていれば怪しまれます。

例えば次のような例があります

「変わったことなど心当たりもないけれど、どことなく浮き足だってウキウキしている」
「普段と持っている持ち物が違う」
勘が鋭い人には違和感として映るわけです。

一緒に生活をしている配偶者にはすぐバレます!

特に奥さまの場合は顕著です。微妙な変化に敏感に反応して違和感を感じます。生活リズムが極端に変わってもダメ。パートナーに察知されるでしょう。
「帰宅時間が遅くなりがち」
「一定の時間になるとスマートフォンの画面をみる」
こういった態度は不倫関係の証拠です。配偶者以外でも、ちょっとおかしいなと感じます。

不倫しているんじゃないの?とうたがわれる

このような生活リズムの変化や態度の変化です。ソレを指摘されると誤魔化そうとしてウソをでっちあげます。その一回のウソのためにいろんなところで矛盾点がでてくるのです。一度矛盾が生じると万事休す。
つぎはぎだらけになって現実とウソが混じってしまいます。矛盾しないウソがつけないと不倫関係はバレます。

第六感的な部分が敏感になり胸騒ぎがする!

身内に不倫がバレるのが一番怖い!

不倫の現場を外で見られた場合。その人物が口の硬いタイプならば問題ないです。これが身内になると好奇心もでてくるのです。「この間、見かけたけれど隣にいた人は誰なの?」と問い詰められるかもしれません。大抵は知らない間に噂は拡散します。知らないのは不倫をしている当事者だけということも珍しくありません。

奥さまは不倫に一番敏感!

ホテルでシャワーを浴びて石けんの匂いがついたまま帰宅したらアウト!不倫がバレてしまうでしょう。そして、ネクタイやちょっとした小物のプレゼントもバレやすいです。奥さまは見たことがない品物へ敏感に反応します。

男性は隠し事が下手!

普段通りを意識して振る舞っているようでも、ぎこちなさがでてしまいます。態度が丁寧になりすぎたりすると浮気・不倫を疑われます。それは欲しいものがあるときに甘え声になることと似ています。隠し事をしているならば、どこかしら仕草に変化がでてくるのです。

第六感的な部分が敏感になり胸騒ぎがする!

男性は「ボクはウソをつくことになれているから大丈夫」と思っているかもしれません。しかし奥さまにとってウソか本当かはどうでもいいことになるのです。うっかりとバレてしまうのが財布の中のレシートです。密会したときの食事の会計です。レシートを財布に入れます。こういった普段通りの行動が落とし穴になるのです。
「あとで捨てればいいや」と思いつつ、いつも通りそのままの状態にしておきます。レシートは財布の中に蓄積して、密会のときのレシートの存在を忘れてしまうのです。「捨て手おいて!」と奥さまにレシートの束を渡したら万事休す。